FC2ブログ
松任のマニ36を作る⑥
思った以上に時間のかかるマニ36。でも辛抱強く仕上げていきます。今回は辛くも楽しい床下です。

147552.jpg



さて、前回本体のディティーリングを終わらせましたので、次はどんどん床下をやっていきます。

具体的に何をやるのか?ということです。
オハフ33の床下をスハ32改造の荷物車に変身させるわけですが、一応説明書にはほぼそのままで行けると書いてあります。
完全に配管などを再現するのは資料の問題上難しい (スハ32の図面本は現在プレミアつくほど入手困難) ので、表面で目立つ部分を中心にやっていきます。

KATOのオハフ33の床下はまずディティールが完全とはいえません。
旧型客車の魅力は透けて見える床下機器ですから、ここは少し手を入れるのがいいと思います。
個人的に気になるのは端梁。思った以上によく出来ていますが、ジャンパ栓受けの配置が少し寄り過ぎているのと
胴受けがカプラーを逃げるように削り取られているのが気に入りません。

147473.jpg

素の状態ではこの通り。プラ16番としては全然OKなはずですが、連結面大好きっ子からすると物足りません。

147407.jpg

そこでエコーモデルの端梁セット(旧型)を使ってグレードアップ。
KATOのカプラー機構は優秀なのでそのまま生かしたい。そこでモールドだけ削り取りこれらを接着。
気になる部分には瞬間接着剤を流してしっかり固めます。シビアな部分ですので慎重に...
思った以上に頑丈なリアル連結面になりました。
カプラーユニットごと取り外しできるので、TNカプラーみたいなもんです。

エアホースは111番にちゃんと合わせて1つ。もちろんもっとごちゃごちゃしたクルマもいました。

マニ36 111 コロ軸改造床下手前
マニ36 111 コロ軸改造床下尾久

次に蓄電池箱をフジモデルのモノに交換。車軸発電機も台座の形が微妙に違うのと、ちゃんとベルトを表現したかったのでエコーモデルのものに交換しちゃいました。
やっぱりこの辺は外せませんね。

147470.jpg

床下パーツは干渉しないかどうか常に気を配ります。
仮組。車軸発電機いいっすねぇ。

147471.jpg


次にマニ36で目立つのはガーランド型のトイレ流し管と洗面所流し管。それぞれ工房ひろとエコーモデルより取り付け。
この取り付け位置は車両によってバラツキがあります。
今回製作するマニ36 111は北スミ時代の写真があったのでそこから寸法を割り出しました。
だいたい合っているのではないでしょうか。

ロストのバルブパーツは蒸気トラップといいます。車掌室や貴重品室などの場所や数に応じて数と配置が異なります。
すなわち種車がごちゃまぜなマニ36では車両により全く異なる配置をとるわけです。

今回は111番の明瞭な写真が1か所分しかなかったので、同じくスハ32改造松任工場110番の写真も含めて判断。
車体真ん中らへんには多分ないんだと思います。111番の比較的明るい写真でもないように思えます。
同じスハ32でもグループにより全然違ったりします。こちらのサイトの102番とかとも違うんですよね。厄介だなぁ。

147553.jpg

気になる配管は一応再現してみました。こちらのエンドの写真はないので、110番を参考に。
111番は110番よりも配管の位置が高いように見えたので、高さは反対側の写真の影から判断。

147552.jpg

車体へのフィットもOKそうです。
これだけでお酒が進むなぁ、ほっとする瞬間です。

さて、次は台車に移ります。
台車はマニ36 111の場合TR23のコロ軸台車でした。
TR23は前期型と後期型2種類があって、リブの有無です。
この辺は勉強しないと難しかったです....

マニ36 111 コロ軸改造

オハフ33付属の台車をエコーモデルのころ軸改造キットでコロ軸化しました。
元のピポットのままだったマニ36もいます。

マニ36 111 コロ軸改造日光モデルとの比較

まんまの形態は日光モデルから出ています。
いわゆるTR23の後期型?なのかな。コロ軸です。
ですがKATOの集電機構が欲しいがために改造して手に入れました。日光台車はTOMIXに使えますが、KATOでは室内灯に工夫がいるので面倒なのです。

マニ36 111 TR34との比較

最初は上のトラムウェイ台車を使おうかと思ったのですが、これは違います。
TR34という改良型で、マニ36にも使われていますがバネの周辺の枠の形が異なりますね。
下のTR23が今回のものです。

KATOの台車の比較

ちなみにめっちゃ価値のあるKATOのTR23コロ軸というものもあります。
これはオハ47に付属していますが、ご覧の通りリブのない初期型?です。
この差異を再現したくTR23からわざわざ改造したというわけです。

マニ36 111 日光モデルとの比較

まとめ。
上からTR23初期型、KATOオハ47付属。
TR23後期型ころ軸改造。KATOオハ35系付属ピポットをコロへ改造。
TR23日光モデルコロ軸改造。後期型。集電むずかしい (w)

問題なく集電もできそうなので、今日はここまで。
床下はだいたい決着がつきましたので、次は細かいところを仕上げて塗装と行きたいところですね。







スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

[2020/05/18 01:07] | プラ16番 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム | 松任のマニ36を作る⑤>>
コメント

> KATOの旧客の下回り、台枠形状はオハ35系で、ブレーキシリンダーまわりがスハ43系というなんとも微妙になっています。
> こだわるのでしたら、ブレーキシリンダーをエコーの製品に交換されてはと思います。

こんばんは。
機器配置図を見て気づいてはいたのですが、どこまでお金をかけるか迷い結局やめてしまいました。
ただブレーキシリンダはかなり大きなパーツなので、アドバイス頂いたように交換してみようと思います。
蒸気トラップの配置までこだわったのに、ブレーキシリンダがスハ43系のままでは変ですからね。
ありがとうございます。


> なお、スハ32とオハ35では台枠、機器配置は大きく変わりません。

そのようですね。
私が参考にした文献にもそう書いてありました。
ダブルルーフのスハ32系ですと幾分異なりますが、この場合は種車も比較的新しい車輛なので...


> スハ32の作例
> https://yasuziro.blog.fc2.com/blog-entry-5412.html

拝見しました。非常に複雑な床下が小気味よい作例ですね。
参考にさせて頂きます。
[2020/05/20 07:32] URL | とまさほ #-[ 編集]
こんばんは。
KATOの旧客の下回り、台枠形状はオハ35系で、ブレーキシリンダーまわりがスハ43系というなんとも微妙になっています。
こだわるのでしたら、ブレーキシリンダーをエコーの製品に交換されてはと思います。

なお、スハ32とオハ35では台枠、機器配置は大きく変わりません。
スハ32の作例
https://yasuziro.blog.fc2.com/blog-entry-5412.html
[2020/05/18 22:42] URL | YASUZIRIO #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ashinndaininoritai.blog28.fc2.com/tb.php/66-94ce97fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
北のレールは、元気です。


Bトレと16番。北海道の鉄道を作ってます。

プロフィール

とまさほ

Author:とまさほ
Bトレサークル"GRAND CHARIOT"チーフ。あの頃大好きだった懐かしの鉄道車両をBトレサイズで蘇らせます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR